2019.03.15
3月14日に公開した調達情報のうち、「Axon BOP Control System 用部品の購入」に記載されている応募資格に誤りがありましたので修正版に差し替えました。
Axon BOP Control System 用部品の購入(3月15日修正)
 2019.03.14
2019年4月に予定している調達予定を公開しました。下記の調達案件について関心のある企業様におかれましては、公募情報、仕様書を確認の上、見積提出される旨 mqj.info@mqj.co.jp 迄、ご連絡下さい。(応募期限は本年3月29日(金)の17:00とさせていただきます)
APRS 6G対応機器の購入
Axon BOP Control System 用部品の購入
Riser Tensioner の整備
Sheave Blockの整備
SPS掘削機器15年整備計画策定の為の機器動作確認及び整備計画策定
 2018.08.27
当社は、2019年12月ないし2020年2月から実施する地球深部探査船「ちきゅう」の定期検査工事・一般修理工事の施工造船所を募集いたします。
「ちきゅう」の要目をhttp://www.mqj.co.jp/chikyu/index.htmlでご確認の上、関心のある企業様におかれましては、mqj.info@mqj.co.jpまでご連絡くださいますようお願いします(応募期限は本年9月7日の17時とさせていただきます)。
 2018.06.15
当社は、本日開催の取締役会において役員の異動を決定いたしましたので、お知らせいたします。異動後の役員体制につきましては、会社案内 > 役員 をご覧ください。
 2018.06.08
「ちきゅう」は第2回メタンハイドレート海洋産出試験の関連工事の作業を終え、6月4日に清水港に入港いたしました。
 2018.03.28
「ちきゅう」は、愛知県・三重県沖において第2回メタンハイドレート海洋産出試験の関連工事を実施するため、3月28日午前9時に清水港を出港しました。
 2018.02.09
「ちきゅう」は、IODP第380次研究航海について、予定されていた作業を全て完了し、2月7日に清水港に入港しました。
 2018.01.15
「ちきゅう」は、紀伊半島沖熊野灘においてIODP第380次研究航海「南海トラフ地震発生帯掘削計画:南海トラフ前縁断層帯における長期孔内観測システム設置」を実施するため、本日午前9時に清水港を出港しました。
 2017.10.04
「ちきゅう」は、本年10月1日に長崎県佐世保市のドックに入渠いたしました。この後、11月下旬ごろまで同地において検査工事等を行う予定です。
 2017.07.28
「ちきゅう」は第2回メタンハイドレート海洋産出試験の現場海域における作業を終え、7月7日に清水港に入港いたしました。
 2017.06.16
当社は、本日開催の取締役会において役員の異動を決定いたしましたので、お知らせいたします。異動後の役員体制につきましては、会社案内 > 役員 をご覧ください。
 2017.04.20
「ちきゅう」は、渥美半島から志摩半島の沖合(第二渥美海丘)において第2回メタンハイドレート海洋産出試験を実施するため、4月7日に現場海域での作業を開始しました。
 2017.01.07
平成29年度に実施する「ちきゅう」の中間検査工事・一般修理工事の施工造船所の募集につきましては、ご応募・お問い合わせの受付を終了いたしました。
 2017.01.06
「ちきゅう」は、科学掘削調査「沖縄トラフ熱水性堆積物掘削Ⅲ」を2016年12月15日に終了した後、清水港において整備工事等を実施しております。
 2016.12.28
下記案件(平成29年度に実施する「ちきゅう」の中間検査工事・一般修理工事の施工造船所の募集)につきましては、ご応募・お問い合わせの受付期間を平成29年1月7日まで延長することと致しました。
 2016.12.28
下記案件につきましては、ご応募・お問い合わせの受付を終了致しました。
 2016.12.08
当社では平成29年度に実施する地球深部探査船「ちきゅう」の中間検査工事・一般修理工事の施工造船所を募集しております。「ちきゅう」の要目をhttp://www.mqj.co.jp/chikyu/index.htmlで確認の上、関心のある企業様は mqj.info@mqj.co.jp 迄ご連絡ください。
 2016.11.28
11月10日にIODP第370次研究航海「室戸沖限界生命圏掘削調査(T-リミット)」の調査海域での作業が終了し、「ちきゅう」は、JAMSTECによる沖縄海域での科学掘削調査「沖縄トラフ熱水性堆積物掘削Ⅲ」を実施するため、11月16日に高知新港を出港しました。
 2016.09.26
「ちきゅう」は、JAMSTECによるIODP第370次研究航海「室戸沖限界生命圏掘削調査:T-リミット」を実施するため、9月13日午前9時に清水港を出港いたしました。
 2016.02.11
「ちきゅう」は、2015年12月に定期検査工事を終了した後、次期作業のための清水港での整備工事および駿河湾での洋上試験等を実施しました。その後、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)による沖縄海域での科学掘削調査を実施するため、本年2月11日に清水港を出港しました。
 2015.08.31
「ちきゅう」は、インド共和国沿岸海域におけるメタンハイドレート調査掘削を終え、8月28日に三菱重工業株式会社横浜製作所本牧工場岸壁に着岸いたしました。この後、11月中旬まで本工場にて定期検査工事を行う予定です。
 2015.01.08
米国ABS Quality Evaluations社による、ISO9001-2008、ISO14001-2004、OHSAS18001-2007の認証を受けました。詳細はHSQE Policyタブをクリック頂き「HSQE活動」をご参照ください。
 2014.12.12
下記案件につきましては、ご応募・お問い合わせの受付を終了致しました。
 2014.11.25
当社では平成27年度に実施する地球深部探査船「ちきゅう」の定期検査工事・掘削機器等整備工事の施工造船所を募集しております。「ちきゅう」の要目を http://www.mqj.co.jp/chikyu/index.html で確認の上、関心のある企業様は mqj.info@mqj.co.jp 迄ご連絡ください。
 2014.05
Non-IODP 航海-下北半島太平洋沖海上ボーリング調査の作業を完了致しました。
 2014.01.29
「南海トラフ地震発生帯掘削計画」Stage3. 国際深海科学掘削計画、IODP Expedition 348の作業を完了致しました。
 2013.08.14
第1回メタンハイドレート海洋産出試験
原状復帰(モニタリング坑井の廃坑等)の業務を完了致しました。
 2013.07.31
第1回メタンハイドレート海洋産出試験
原状復帰(モニタリング坑井の廃坑等)の業務を開始しました。
 2013.07.24
JX日鉱日石開発株式会社が行う新潟県佐渡南西沖「上越海丘」基礎試錐業務を完了致しました。
 2013.04.06
JX日鉱日石開発株式会社が行う新潟県佐渡南西沖「上越海丘」基礎試錐業務を開始しました。
 2013.04.02
第1回メタンハイドレート海洋産出試験業務を終了致しました。
 2013.03.12
第1回メタンハイドレート海洋産出試験において、メタンハイドレートから天然ガスの生産が確認されました。
 2013.01.27
第1回メタンハイドレート海洋産出試験業務を開始しました。
 2012.09.20
第1回メタンハイドレート海洋産出試験実施について
2013年1月から3月の期間内に行われるメタンハイドレート海洋産出試験において、独立行政法人海洋研究開発機構が保有し、当社が運行業務を受託をしております地球深部探査船ちきゅうで同業務が行われることが決定致しました。
 2012.09.06
世界新記録達成
青森県八戸沖で行われている統合国際深海掘削計画 (IODP) 第337次研究航海 「下北八戸沖石炭層生命圏掘削」 において、従来の科学掘削における掘削深度の世界記録更新し、2,466mまで到達しました。 従来の世界記録は1993年の米国 JOIDES Resolutionによる2,111m。
 2012.08.17
新潟県佐渡南西沖「上越海丘」の基礎試錐について
資源エネルギー庁の国内石油天然ガス基礎調査事業として2013年4月から6月の間で新潟県佐渡南西沖 「上越海丘」の基礎試錐において、独立行政法人海洋研究開発機構が保有し、当社が運行業務の受託をして おります地球深部探査船ちきゅうで同業務が行われることが決定致しました。
 2012.07.01
長時間無災害記録について
2011年6月末をもって、2008年12月1日から開始された140万人・時間の 長時間無災害記録(No Loss Time Incident)を達成致しました。
 2012.05.30
マレーシアのKebabangan Petroleum Operating Company(KPOC社)の掘削業務
マレーシアのPetronnic Sdn Bhd社がKPOC社から受注したサバ州沖の掘削工事業務について、 独立行政法人海洋研究開発機構が保有し、当社が運行業務の受託をしております地球深部探査船ちきゅうで同業務が行われることが決定致しました。
(※)KPOC 社は、マレーシア国営石油 Petronasの100%子会社 Petronas Carigali Sdn.Bhd. が40%、ConocoPhillips Sabah Gas Ltd. が30%、Shell Energy Asia Limited が30%そ れぞれ出資しているマレーシア法人の石油開発会社です。
 2012.04.27
世界新記録達成
宮城県沖で行われている統合国際深海掘削計画(IODP) 第343次研究航海「東北地方太平洋沖地震調査掘削」 において、科学掘削における海面から水深と海底下の深さの合計(ドリルパイプ全長)が7740mに到達し、 従来の世界記録を更新しました。従来の世界記録は1978年の米国 Glomar Challengerによる7,049.5m。
 2011.12.27
長時間無災害記録について
2011年12月27日をもって、累積で120万人・時間の長時間無災害記録
(No Loss Time Incident)を達成致しました。
 2011.12.01
長時間無災害記録について
2008年12月1日から2011年12月1日までの3年間の長時間無災害記録
(No Loss Time Incident)を達成致しました。
 2011.07.06
長時間無災害記録について
2011年7月6日をもって、2008年12月1日の創業以来、累積で100万人・
時間の長時間無災害記録(No Loss Time Incident) を達成致しました。
 2011.03.18
東北地方太平洋沖地震の被害に対する義援金拠出について
平成23年3月11日に起こりました東北地方太平洋沖地震により深刻な
被害を受けられた被災者の皆様に対して、謹んで心よりお見舞い申し
上げます。

当社は、被災者の方々の救援や被災地の復興に役立てていただくため、義捐金を拠出することにしました。地震発生時にちきゅうが停泊していた八戸市も被災されたことから、八戸市のために20万円の義捐金を、また今回被災した方々のために30万円を日本赤十字社に拠出致しましたので、お知らせい たします。
 2011.02.01
長時間無災害記録について
当社は、2009年12月1日から2010年12月1日までの1年間の長時間無災害記録(No Loss Time Incident)を達成致しました。 これで2008年12月1日から2年間の長時間無災害記録(No Loss Time Incident)を達成致しました。
 2010.11.13
東京都中央区主催のグリーンアッププロジェクト参加について
中央区に所在する企業で働く方々およびそのご家族による、隅田川の川岸の緑化活動「グリーンアッププロジェクト」が開催され、当社から6名が参加し、植栽活動を行いました。
 2010.11.08
JAMSTEC 横浜研究所一般公開のお知らせ
2010年11月27日(土)に、JAMSTEC横浜研究所において、一般公開が開催され、当社も出展します。開催内容についての詳細はこちらから
 2010.10.29
長時間無災害記録について
当社は、2008年12月1日から2010年10月28日までの1000日間の長時間無災害記録(No Loss Time Incident)を達成致しました。
 2010.10.25
「ちきゅう」による南海トラフ地震発生帯掘削開始について
JAMSTECにおいて、南海トラフでの掘削に係る特設サイトが開設されました。
 2010.10.16
「ちきゅう」の一般公開@兵庫県神戸港ののお知らせ
2010年10月9日(土)、10日(日)に、中城港において「ちきゅう」の一般公開が行われました。 一般公開の詳細は、こちらから
 2010.10.09
「ちきゅう」の一般公開@沖縄県 中城港のお知らせ
2010年10月9日(土)、10日(日)に、中城港において ちきゅうの一般公開が行われました。一般公開の詳細は、こちらから
 2010.09.01
「ちきゅう」による沖縄熱水海底下生命圏掘削
JAMSTECの沖縄での掘削に係る特設サイトが開設されました。
詳細は、こちらから
 2010.07.12
長時間無災害記録について
当社は、2008年12月1日から2010年7月12日までの間の60万人・時間の無災害記録(No LTI)を達成致しました。
 2010.07.01
「JAMSTEC横須賀本部 施設一般公開の出展」
2010年5月22日(土)に開催されましたJAMSTEC横須賀本部の一般公開に、当社も出展し、地球深部探査船「ちきゅう」の操業映像、写真パネル、来訪されたお子様が行える抽選会(MQJストラップ)を行いました。

 2010.07.01
「片瀬東浜海岸のビーチクリーニング参加について」
日本郵船株式会社は、財団法人かながわ海岸美化財団の協力のもと、神奈川県藤沢市の片瀬東浜海岸と境川河口付近で海岸清掃するイベント 「第4回ビーチクリーニング@湘南」を5月29日(土)に開催しました。当社は「FY2010 HSE Objective and Target」として「Environmental Activities」を設定しており、 その活動の一環として、当イベントに当社から 8名が参加しました。 当イベントには、日本郵船グループ社員およびその家族・友人総勢87人(含む当社からの参加者8名)が参加し、1時間かけてビーチクリーニングをした結果、 軽トラック1台分(約500kg)のゴミを回収することができました。

 2010.01.26
清水港における地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開及び関連
イベントの開催について

静岡県静岡市清水港において、次のとおり、地球深部探査船「ちきゅう」の
一般公開が開催されます。
日時 :2010年3月6日(土)10時~15時(最終受付)
     2010年3月7日(土)10時~14時(最終受付)
場所 :静岡市清水港 日の出埠頭4号及び5号岸壁
入場料 :無料(事前登録なし)
一般公開、関連イベントに関する詳細情報及びお問い合わせにつきましては、独立行政法人海洋研究開発機構のホームページを参照願います。
 2010.01.26
長時間無災害記録達成について
当社は、2008年12月1日から2010年1月1日までの間に累計40万人・時間の無災害記録(No LTI)を達成しました。
 2009.11.30
長時間無災害
当社は、2008年12月1日から2009年6月27日までの間に20万人・時間の無災害記録(No LTI)を達成致しました。
 2009.11.09
JAMSTEC横浜研究所 施設一般公開について
独立行政法人海洋研究開発機構の横浜研究所が2009年11月7日(土)に施設の一般公開を開催し、当社も一般公開でブースを出展しました。 なお、施設一般公開に関する詳しい内容は、独立行政法人海洋研究開発機能のホームページ を参照願います。
 2009.10.19
和歌山県新宮市で開催された地球深部探査船「ちきゅう」の
一般公開について

和歌山県新宮市新宮港において、2009年10月17日(土)及び18日(日)に地球深部探査船「ちきゅう」の 一般公開が開催されました。
なお、一般公開に関する詳しい内容は、独立行政法人海洋研究開発機能のホームページを参照願います。
 2009.10.15
新宮市の児童養護施設への寄付について
当社の従業員、船員に呼びかけ集められた募金、総額25万6,121円を
和歌山県新宮市の児童養護施設「紀南 学園」に寄付しました。
 2009.09.10
公式ホームページをオープン致しました。